iPadのファーストインプレッションとiPadなアプリを考える

100128_01.png
紙に描くと大きさはこれくらいなはず。
先ほど Appleから タブレット型デバイス iPadが発表されました。
いろんなustやガジェットニュースサイトを見て
分からないながらも英語プレゼン内容はすべて聞いていました。
感想ですが

  • (kindleを直接見てはいませんが) カラーのiPadと両方並んだ絵を見た時点で(少なくともプロダクト的には)kindleは終わった。並んだ状態で実物を見たい
  • 「大きいiPodTouch」と揶揄するTwitが見えましたが だからってkindleは持てない
  • 電子書籍を販売するiBooksはいつ日本に来るのか(iTunesMusicStoreは何年かかったかなと…)
  • 母艦のPC/Macは必要なのかな?必要ないなら親の世代でiPadでいいという人は相当数いる
  • wifi内蔵 3Gも内蔵するタイプもあるので iPhone(もしくは携帯電話との)とiPad3G正直2台持ちはつらいから どうせならといろんなモノに使えるpocket Wifiを導入する人が増えるかも
  • iPhoneアプリが使えるなら FlashCS5でアプリ作ればiPadに何かだせる?時期的に同じくらいかな?
  • 値段表示の所で $999の数字が崩れて$499になる演出はズルい

iPhoneアプリは 倍角表示で使えるとのこと。
しかし
「iPhone/iPodTouchでは無理だったけど iPadならできるアプリ」
=表示域が大きいから可能なアプリがあるのではと考えました。
(複数タッチやCPUや出力など技術的には何の検証もしていません。思いつきです)
iPadでないと無理なアプリ
2人向き合って同時プレイのゲーム/連弾できるピアノアプリ(Ponなど)、同人誌的流通をする書籍アプリ、Twitterでのマルチアカウント同時表示アプリ…
iPadの方が便利に使えるアプリ
手書きノート、打楽器系アプリ(タンバリンやテノリオンとか)、フォトフレーム、美人時計系、(ジッポ的なアプリの替わりの)松明アプリ、ビールアプリ(ピッチャーで)…
(番外)iPadの方が不便なアプリ
電卓、ライト、常時画面全域表示するタイプの時計…
(さらに番外)
まな板にしてcookpadを表示…
(追記)
engadgetで掲載されている動画がいい感じなので追記
http://japanese.engadget.com/2010/01/27/ipad-hands-on/

Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流

100110_02.png
11月末には読んでいたけど 今頃メモ。
Twitter使って2年の自分が読んでると 書いてあるエピソードは
だいたい伝え聞いたり 直接見たことなので 「あったよね」という程度の感想。
それでも、Twitterが黒字化したり、鳩山総理がTwiiterを始めたり、
最大野党の自民党の総裁は「私はつぶやかない」と言ったり、
 Twitterを巡る話は今はなお進行中。
テレビでの特集を見て始めた人は 
この本 過去どんなことがあったのかを知るにはちょうどいいと思います。
TBSラジオの月一深夜番組Lifeで著者の津田さんがフランクに話をしているポッドキャストもあるのであわせて聞いてみてください。
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

FREE <無料>からお金を生み出す新戦略

100110_01.png
読まなくてはと思っていた課題図書。正月休みに読了。
「無料に近く原料を使っている業界は お金の稼ぎ方が変化する」という話でした。
毎日無料で使えるウェブサービスを使っていて、ビジネスの種を考えている人は
具体的にビジネスモデルの違いを箇条書きしてくれる点も有用に思います。
プリンターメーカーは本体でなくインクで稼いでいるのは知っているし
(記憶違いでなければ メーカーの人は1枚4円換算していると聞いた)、
新聞は取っていないけれど新聞系ニュースサイトは無料で見ているが
(産経新聞の木曜のweb版だけはiPhoneAppでチェックもしている)
その本体無料/消費材有料のモデルが 「ジレット」だとは知りませんでした。
個人的には ウェブ方面に立っているので この流れは賛成ですが
フリーペーパーといったアトムな方にも携わっているので
収入的にプラスに回す方法も考えないと
(そしてこれは現状うまくまわってはいませんが)
今年から施行される「資金決済法」などで広く薄く収入を得る方法が加わると
また変わるのかもしれません。
本体のサイトもあるのでそちらもどうぞ。
http://www.freemium.jp/