RaspberryPiをAirPlayできるようにする(中途半端に)

メモ
RaspberryPiでAirPlayできるようにしてみた

参考資料
Raspberry PiをAirPlay端末にするまでの手順のメモ(OSのインストールと各種設定編)
http://dounokouno.com/2014/03/02/raspberry-pi-airplay02/

(参考先のページは途中MacでのVNCの設定をしているけれど そこは特にはいらない)

作業時間切れにつき途中までしかできませんでしたが…

→結果:HDMIモニターに接続したスピーカーから音がでてRaspberryPi本体のイヤホンジャックからは出力しない
→起動のたびにshairplay.plを叩かないとつかえない

→感想:USBサウンドカードはとりあえずならいらない
iTunesからMac本体とRaspberryPiスピーカーの複数で出してみたら 処理スピードの違いでズレて気持ち悪い
viの操作すら怪しい自分には ターミナルやRaspberryPiへのインストールだけで正直、よい勉強になりました。
一発で音がでると思いませんでした

でも (とりあえず)便利にはなりました

ターミナルコマンド一覧(自家用)

(raspberry piの操作のために
高校生の頃にフロッピーのゲームで cdとcopyしか使わない時代以来の黒い画面を触っています。
なのでメモ。)

ターミナルの終了 exit

ファイル一覧表示 ls
現在位置のフルパスを表示 pwd
ディレクトリの変更 cd (ディレクトリ名)
ディレクトリの作成 mkdir (ディレクトリ名)
ディレクトリの消去 rmdir (ディレクトリ名)
ディレクトリの変更 mv (旧ファイル名)(新ファイル名)

テキストファイルの新規作成 touch (ファイル名)
ファイル名の変更 mv (旧ファイル名) (新ファイル名)
ファイルを開く open (ファイル名)
ファイルの内容確認 cat (ファイル名)
テキストファイルの編集 vi (ファイル名)
プリント lp (ファイル名)

[viでの編集]
入力モードからコマンド操作に戻るには escapeキー
保存して終了 :wq

プロセス一覧表示 ps
cpuのアプリ使用量のリスト top [qでコマンドにもどる]
アプリの終了 kill (P ID)

pythonの実行 python (ファイル名)

機種情報を見る system_profiler
再起動 sudo reboot
再起動 sudo shutdown -r now

[python]
python対話モードの起動 python
python対話モードの終了 exit();

SSH接続
$ ssh -p 22 root@aaa.bbb.ccc.ddd
接続先が存在してアカウントがあればパスワードを聞かれるので入力

[raspberry pi]
システムのアップデート・アップグレード
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo rpi-update