iTunes12でケーブル接続したiPhoneが認識されない場合の対処

ずばりな解消法は現状ないようです。

#状況
OSX10.10.5
iTunes12.3
でiPhoneをケーブル接続した場合にデバイス認識されない場合

#解決方法
対処療法として
iTunesを一度終了させてから iPhoneをケーブル接続して 改めてiTunesを起動させると認識されます。

自分の場合、この条件に さらにiTunesが正常に終了しない という状況にもなったので
インターネットから再度OSXを入れ直す(command+option+R)を半日かけてしてみたのですが 
改善せず、毎回強制終了しています。wifi同期にはなっている模様。

iOSとMacOSXの音声入出力がよい

新しいMacBookProにしてOSもかわり
iPhoneもiOS8になったあたりで

制作管理ソフトもslackに使い始めた。
IT系でグループ制作進行するのに便利な機能がついたグループチャットソフトである。
自分の場合は 
これを文字通りチャットを ヘッドフォンについているマイクで口頭で入力している。

これが便利なのだ。

一回やってみてほしい。
iOS6のころから入力機能はあったけれど そのころはレベルが違う。
メールやiChatの返信など 口語で話せる相手ならば ほぼ問題ない返信ができる。

音声出力も
ライター系の人のブログエントリをまとめて文字選択し 『スピーチ』をさせると
仕事の手が止まらずに いや 視線を持って行かれず とても便利。

この音声入出力 機能自体はだいぶ前からあるものだが
ここ数日使っていて 21世紀のコンピュータを使っているなあと しみじみ思うのである。

iPadでディレクトリー図のドラフト版をkeynoteで描くと楽

以前は動画を見るくらいにしか使っていなかった 今ではちょっと重いiPad(Retina)を
仕事利用すると便利なことに気づいてよく持ち歩いてます。

(今更感もあるのですが)
今日気づいたのは
打ち合わせで頭に思いついたディレクトリー図をkeynoteでドラフトレベルで起こして
mac上でillustratorで清書したら 便利かつ時間短縮になるかも…
と思い AppStoreで買ってから試してみたら…

ビジネスプレゼンもほとんどないこともあって
keynote自体使い慣れてませんでしたが
とても便利でした!

手順としては
iPadでkeynote

書き出しをPDFで保存先をDropbox

MacでDropboxフォルダから illustratorで開く

illustratorで開いた後 編集するには クリッピングマスクを解除が必要ですが
テキストもあとから編集できる。
iPad上で 短い線の位置を編集する際は どうしても自分の指で隠れてしまい まごつくこともありますが
ドラフトレベルなら 十分でしょう。

海外には行かないけれどSIMフリーiPhoneを発売に興味はあり

割と唐突に発表があった模様。
方々のブックマークを集めたらこんな感じに見えてきた。
自分自身、渡航経験がないので 今ひとつありがたみを感じませんが
久しぶりに アップルが慣習を破ってきたお話だ ということで興味あり。

単純に音声通話が必要な場面が 最近だんだん減り wifi経由のもので事足りるかもしれませんが
自分の通信環境をそのまま海外に適用できるのは 楽だろうなあと予想

アップル、国内でもSIMフリーiPhoneを発売–アップルストアで購入可能に – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/service/35040355/

SIMフリーiPhone5sと5cについてキャリア各社に聞いてみた(追記)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/186/186217/

SIMフリーiPhoneの正直なところの使い道 | More Access! More Fun!
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=9883

GoogleReaderがサービス終了を予告で右往左往

先月にこんな記事書いたのに残念!

http://googleblog.blogspot.jp/2013/03/a-second-spring-of-cleaning.html
GoogleReaderが2013年7月にサービスを終了することを予告しました。
個人的にはRSSはIT系ニュースを読む事には使わず、 クライアントのネットショップ/ブログの更新情報の把握に使っていました。
今年1月にOS10.8にしたのを機に 他サービスの更新情報を画面右側で一括表示できるのを知り GoogleReader ↓
Reader Notifier ↓ OSX10.8 Reader Notifier / iPhone,iPad ByLine
といった具合でうまく情報をとり 場合によっては  greendoorsのTwitterアカウントから流すという連携ができていました。
が、たった3ヶ月でそれがなくなるとは…. googelは『サービス利用者が少なくなったから』と言っているけれど
google+よりは 芽があると思うんですけどね。
iOSアプリでのRSSリーダーの活況はあったと思うのですが 開発者のみなさん気の毒です。ユーザーも気の毒です。
前向きに対策を考えていますが livedoorReaderやWordpress.comのfeedなど他のサービスも使えるんでしょうが
他サービスでOSXアプリ/iOSアプリと連携しているのは ぱっと見見つけられなかったので
探す旅にまたでないと行けません。

iPadのファーストインプレッションとiPadなアプリを考える

100128_01.png
紙に描くと大きさはこれくらいなはず。
先ほど Appleから タブレット型デバイス iPadが発表されました。
いろんなustやガジェットニュースサイトを見て
分からないながらも英語プレゼン内容はすべて聞いていました。
感想ですが

  • (kindleを直接見てはいませんが) カラーのiPadと両方並んだ絵を見た時点で(少なくともプロダクト的には)kindleは終わった。並んだ状態で実物を見たい
  • 「大きいiPodTouch」と揶揄するTwitが見えましたが だからってkindleは持てない
  • 電子書籍を販売するiBooksはいつ日本に来るのか(iTunesMusicStoreは何年かかったかなと…)
  • 母艦のPC/Macは必要なのかな?必要ないなら親の世代でiPadでいいという人は相当数いる
  • wifi内蔵 3Gも内蔵するタイプもあるので iPhone(もしくは携帯電話との)とiPad3G正直2台持ちはつらいから どうせならといろんなモノに使えるpocket Wifiを導入する人が増えるかも
  • iPhoneアプリが使えるなら FlashCS5でアプリ作ればiPadに何かだせる?時期的に同じくらいかな?
  • 値段表示の所で $999の数字が崩れて$499になる演出はズルい

iPhoneアプリは 倍角表示で使えるとのこと。
しかし
「iPhone/iPodTouchでは無理だったけど iPadならできるアプリ」
=表示域が大きいから可能なアプリがあるのではと考えました。
(複数タッチやCPUや出力など技術的には何の検証もしていません。思いつきです)
iPadでないと無理なアプリ
2人向き合って同時プレイのゲーム/連弾できるピアノアプリ(Ponなど)、同人誌的流通をする書籍アプリ、Twitterでのマルチアカウント同時表示アプリ…
iPadの方が便利に使えるアプリ
手書きノート、打楽器系アプリ(タンバリンやテノリオンとか)、フォトフレーム、美人時計系、(ジッポ的なアプリの替わりの)松明アプリ、ビールアプリ(ピッチャーで)…
(番外)iPadの方が不便なアプリ
電卓、ライト、常時画面全域表示するタイプの時計…
(さらに番外)
まな板にしてcookpadを表示…
(追記)
engadgetで掲載されている動画がいい感じなので追記
http://japanese.engadget.com/2010/01/27/ipad-hands-on/

Ustream Broadcaster

091211_01
iPhoneアプリでとても価値ある ソフトがでました。しかも無料。
Ustream Broadcaster
iPhoneだけでUstreamを通じたウェブ放送ができるアプリです。
すでに、ウェブ放送を受信するUstream Viewerが公開されていて
自分はそれを使ってオバマ大統領の就任演説を見ていました。
そのことも結構驚いたし 感慨深いものがあったのですが。
091211_02
ほんの軽くですが触ってみた感想。

  • 思ったよりも画質がきれい
    091211_03
    iPhone3G
    091211_04
    iSight
  • 莫大に電気を喰いそう= iPhoneがとってもあたたかくなる
  • wi-fiで3秒程度のディレイが発生
  • 3G回線だと5秒で1コマ程度の動画、音声はとくに問題ない感じ
  • Liveした動画をvideoとして保存できる
  • LiveだけでなくRec前提の撮影ができる = iPhone3Gでも動画撮影可
  • オプションで撮影場所の表示リンクをつけてくれて 場所の表示はGoogleMap。今回やったところでは地図上で10m程度の誤差。きっといろん言い訳ができなくなるライブ感が増しそう
  • Twitterへの投稿(ライブページへの誘導リンク)ボタンがある。
  • Twitterでの自分へのtwitterを撮影画面にオーバーレイしてくれて便利

これは是非iPhone持ちの人はインストールして触れてもらいたい。
他のアプリとは意味が違う。もちろんプラスの方に使って便利な世の中になればいい。
夜学でメディア論教わった御手洗先生とこの件でお話したいなあ。

iPhoneアプリ「産經新聞」内の広告

広告欄内に動く広告は初だったようなのでメモ
091126_07
その1 5段(?)
091126_02

091126_03
—-
091126_04
その2 15段(?)
091126_05
091126_06
091126_07
表示面積自体は小さいけど
キャンペーンサイトに向けて直接リンクが貼られることはとてもいい。
パソコンで見る新聞ニュースサイトもそろそろ全角をやめて直接リンクを貼ってもいいタイミングなのでは?

TiltShift Generator

以前 インチキミニチュア写真というエントリーを書きました。
あれはPhotoshopでの加工でしたが 
時代は進みiPhone上でも加工ができるようAppが登場。
実は発表されて数週間経っているけれども 
連休中に使ったら面白そうなところに行ったのでメモ。
090922_02

090922_01
撮って加工後に気付いたのだけど 加工前データが残らないみたいです。
加工前と加工後 両方データが残して いろいろとパラメータをいじったパターンを数多く残せたら よいなあと。
現場で試すと 結構焦ります…
もう少しパラメータを触って よりそれっぽい感じができればよかった…
TiltShift Generator

MobileMe OTA(Over The Air)の解除

覚え書き
Appleがスムーズな移行に失敗した .Mac→MobileMe。
そのお詫びにと3ヶ月の期間延長があったが 
それが切れたのは去年12月。
iChatは使っているけれど 
他のサービスは 必要性を感じず
更新パッケージを買わないでいた。
(買わなくてもiChatは使える)
そんな中 期間延長中に 
OTA(Over The Air)を試していたけれど
いつも自分のMacの前にいるので あまり必要を感じなかった。
(ずっと外出している人には きっといいサービスだと思う。)
興味を失って忘れていたら 
OTAを設定したままにしてたら、 
MobileMeのアカウント期限をすぎると 
safariのBookMarkやiCalなどがMac本体と接続していても 
同期されないことに気づいた。
解除するのに2日くらい もやもやしてしまった。
気づいたら 普通のことなんだけど
最初にiPhoneの方から設定を触らないと解除できない…
解除方法は
iPhoneの設定/メール連絡先カレンダー から
.macもしくは.meのメールアドレスを選択
メール,連絡先,カレンダー,ブックマーク
のスライドをオフにする
090127_01
そののち iTunes/デバイス(自分のiPhone)/情報で
アドレスデータ,カレンダー,ブックマークの同期の
チェックボックスが外れているのでチェック。
一度iPhone内のブックマークなどが消えるけれど Mac本体に接続されれば同期される。