ActionScript3.0ビジュアル・リファレンス

0080530_1
ActionScript3.0ビジュアル・リファレンス
書店で見かけました。
今まで自分のアンテナにひっかからなかった(発売は今年3月)軽いショック。
これの前のverを持っていたけど前の職場でいつのまにか消えていたり、
ActionScriptの辞書的なものは5->MXのころのFLASHActionScript辞典のままでした。
ちょうど、バックに ヘルプからプリントした「すべてのクラス」リストが入ってたりと、
今は、いろいろ小ネタをやりつつ、
クラスに何があるかを見たい時期で、
使わなくてもこんなんもあるのかとわかる「気分」が味わえるかなと 購入しました。
(使えるもの全部見たら安心するタイプ / 道具そろえたら満足するタイプでもある)
内容は 本当に辞書的な感じ。
だから、この本のみで始めるのはほぼ無理。
何も知らない人は 詳細! ActionScript 3.0 入門ノートを読んでから一緒に読んだ方がよいです。
家に帰って気づいたのは
最近(分かりづらいツンデレーション気味なのも含め)ヘルプをよく読むことを覚えていたのと
そんなに高くないamazonのレビューを見てしまい
「やったー いい本だ」と今は手放しで喜べない。
ヘルプがでないところでは活躍か?
今、目に入ったことは 意味があると 自分を信じて…うーむ どうだろう。
サンプルソースがデータとしてはないので残念。
書籍の掲載しているのでそんな長くはないけど、
何も知らなくても パブリッシュするだけで 
同じ状況がでるのって 初心者にはありがたいのです…

100万人のキャンドルナイト candle-night.org

080528_1
100万人のキャンドルナイト candle-night.org
http://www.candle-night.org/jp/
今年もそんな時期になったのを忘れてました。
毎年サイトがきれいで
(今年は違うようですが)トップイメージに女優さん(?)モデルさん(?)とか何気なく出演していたりと 
そういう意味でも個人的に恒例。
キャンドルナイトの素材がダウンロードもできます。
http://candlearchive.jugem.jp/

継承とか

080527_1
AS3の書籍の通し読みが終えたので
それ以外での 生fla(?)とクラスがないかなと思っていたら
Twiiterでfollowもしているmunegonさんのブログ
http://void.heteml.jp/blog/
バレンタインネタゲームのソース公開
http://void.heteml.jp/blog/archives/2008/02/valentine_source.htmlがありました。
ゲーム自体はこちら
おー ありがたい。
自分の読んだ範囲だと クラスパスの辺りとか 
flaとasを別のフォルダに入れるとかすらなくて これ数が増えたらどうするんだと思っていたので
(笑われるつもりで書いてます。今そんな程度です。)
このソースはありがたいです。
でも as読み始めても 継承とかで止まっているので
ActionScriptで学ぶクラスやオブジェクト指向の基礎
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai2/as3_05/as3_05_1.html
など読んでいます。本よりも 案外そば屋の話の方がわかりやすかったりします。

AS3の初心者本にでてきたイベント名

AS3の初心者向け書籍
「詳細!ActionScript3.0入門ノート」と
「ActionScript3.0アニメーション 数学・物理の基本理論から応用まで」に
実例で登場したイベント名をリストに書いたのでブログにも転記。
(意味があるかわからないけど 半年前の自分なら 「これいったいいくつあるんだよ」と思ってたから書いとく)
//Event
Event.RESIZE
Event.ENTER_FRAME
Event.SELECT
Event.OPEN
Event.COMPLETE
Event.MOUSE_LEAVE
//MouseEvent
MouseEvent.CLICK
MouseEvent.DOBLE_CLICK
MouseEvent.MOUSE_DOWN
MouseEvent.MOUSE_MOVE
MouseEvent.MOUSE_OUT
MouseEvent.MOUSE_OVER
MouseEvent.UP
MouseEvent.MOUSE_WHEEL
MouseEvent.ROLL_OUT
MouseEvent.ROLL_OVER
//TextEvent
TextEvent.LINK
//XMLloader
XMLloader.LOAD_COMPLETE
//TimerEvent
TimerEvent.TIMER
TimerEvent.TIMER_COMPLETE
//KeyBoardEvent
KeyBoardEvent.KEY_DOWN
KeyBoardEvent.KEY_UP
//TweenEvent
TweenEvent.MOTION_FINISH
//TweenImageLoader
TweenImageLoader.TWEEN_FINISH
//Progress
ProgressEvent.PROGRESS
//IOErrorEvent
IOErrorEvent.IO_ERROR
まとめたら案外少ない。

GoogleSatTrack – satellite tracker on google maps

080524_2
http://www.lizard-tail.com/isana/tracking/
今、国際宇宙ステーション(当然 その実験室である日本の「きぼう」も)が
どこの上空にあるかわかるサイト。
制作者の勇魚さんとは面識ないのですが 
いいお話を見せてもらったのでおめでとうございますの意味を込めて。
http://www.lizard-tail.com/isana/diary/?date=20080523
やっぱりウェブっていいなぁ
(追記)
見届けられたようです。
http://www.lizard-tail.com/isana/diary/?date=20080601
(さらに追記)
嘘のような、本当の話 続き
http://www.lizard-tail.com/isana/diary/?date=20080610

twitch

080524_1
http://ooze-flash.com/twitch/
@d_forestさんが公開したTwitterのblogパーツ「twitch」
flashの内側の技術的なことは (APIでごにょごにょとか)よくわからない範囲なのですが
あとで右側に貼るべく メモ。
自分の場合だと こんな感じ。

(きっとAPIという意味では同じだから追記)
正直 AS3からの 再参入組を目指して
毎日少しずつ本読み進めて Twitterですごい人々にfollowしてスレながめて
こういう目についた技術を自分のblogにエントリーさせて
あー ちちとして進まんなぁと思っていたが
こんな話もあるらしいから 楽しみつつ作ってたら 次の段階もあるんかなと思った。
(このエントリーは edgenow.jpへの投稿も兼ねているからリンクは本スレ以外は切ってます すいません)
宇宙に思いを馳せ続けた人、Google APIが縁でなんとNASAから招待される | 平々毎々@アクセスブログ
http://d.hatena.ne.jp/matarillo/20080523/p1
嘘のような、本当の話 | Garbage Collection
http://www.lizard-tail.com/isana/diary/?date=20080523
本人のblogを読んだとき ちょっと泣けた。(道夏大陸的な意味で)

Olga Seriogina

080521_3

080521_2

080521_1
http://www.look-o.ru/
モスクワ生まれのペインターのサイト
flash内で遷移するときに 砂絵崩しなエフェクトがかかって かっこいい。
(BitMapはいろんなことができるんだな… 勘違いならごめんない)
音楽もよいんですが
残念なのは biographyのpdfのときはpdf画面に遷移してしまうので 切れてしまう…
(3枚目にいる美人さんがOlgaさんです。)
でもさ ペインターの人に自分の作品が消えてしまうようなエフェクト
かけるのどうですかって提案しても
人によっては いやがるだろうな… 
だから きれいなエフェクトにとても気をつかったんだろうな ロシアの人。
右下にmade by ONYとあるので これ作った人だろうと
http://www.ony.ru/
見てみたらナショナルクラインアント持ちのところでした(TOSHIBAやSONYもあった)
グラフィックデザインやウェブデザインをやっているところのようです。
全編ロシア語なので 詳細はわからないけど…
あと、重いです。ロシアの動画サイトのことを書いた時も感じたんだけど
ロシア全域が重いのか。我慢する民族なのか
(いや 寒い地方の人々って がまん強い気がするので…)
なんだかわからないが テトリスっぽいマークの作品のportfolio内に
エンタの神様出演中の陣内智則の動画があった(笑)
テトリスねた やってる
http://www.ony.ru/#/recht/11/
080521_4

UNIQLO TRY

080517_3

080517_2

080517_1

080517_4
UNIQLO TRY
http://www.uniqlo.com/try/
343人の女性のインタビュームービーをパーティクルにしてモーションさせているます。
前に 女性モデルさん?タレントさん?が60人くらいそれぞれ一芸やって最後にコマーシャルさせるものがあったんですが女性のプロパティで分ける(星座とか血液型)くらいだったんですが UNIQLOの方がすごい(笑)
質問に対して個人が声で答えていって
300ピース以上のパーティクルが 答えそのものを表す配置になったりして。
2度びっくりです。(意図されたとおりに…)
個人的に「キャンペーン」の感想は 女性は共感の生き物だなと…
一方自分は 参考書籍の通りにスクリプトを打っていって 最近Flashの立体での陰面処理のことを知ったレベルで 正直ぽかーんでした。
(…うちの環境では 変な残響が残ったりしてました。)

ARToolKitがFlashで動く

このblogでも 何回かエントリーを書いたARToolKit
serif blog AR技術デモ
http://serif.jp/?p=210
serif blog ARToolKit + 音に反応するプログラム
http://serif.jp/?p=181
すごいけど 
先端の方のプログラムで自分のやっていることとは離れているいるよなと
思っていたら ARToolKitをActionScript3.0に移植していた方がいました。
さくーしゃのブログ ARToolKit を Flash に移植したよ。
http://saqoosha.net/2008/05/16/665/
自分の環境からだと リンク先のwebカメラが真っ黒けのままなので困ってましたが
(もしかしたら先日でた FlashPlayer10を入れないとだめなのかな? 
開発環境にベータ版怖くて入れられない…)
trick7さんが 体験movieをだしてくれました。
http://www.trick7.com/blog/2008/05/17-005233.php
自分のblogのエントリーで書いた「AR技術デモ」はAR(拡張現実)の最先端のデモで
それの普及版がARToolKitです(…おそらく)
それでも かなり面白いのです。
さくーしゃさんのblogを読むとFlash版はスピードがまだ遅いらしく 
初音ミクが乗っかったり、キーボードと連携はまだしないみたいですが
いや これは すごいです。
個人的には AS3から 再エントリーすべく
AS3の本を2冊通して読んで こんな感じかなと
感覚をつかんできたくらいで (でも特に作品もつくれていませんが)
この技術の延長にFlash版ARToolKit 「FLARToolKit」があるのかと思うと 
また少し頑張ろうと思いました。