ヘビの本を読了

年末に買った「ヘビの本」いちおう全部を目を通した。
できるかぎりサンプルは手で打ったし、
理解は すすんだ感覚もあるけども 
書いてあることの幾分の一を理解したのか疑問。
疑問解消は ちくちくと 作るのみで。
どちらかというと
今まで何冊も買っては挫折したオライリー本を
初めて投げ出さずに読了したことに満足している。
情けないがそれが今の偽らざる気持ち。

ヘビの本を読了」への2件のフィードバック

  1. はじめまして!minoと申します。
    昨日ヘビの本を購入しました。
    がんばって全部読んでみようかなっっと思います。
    AS2.0時代から数々の本を購入しましたが、あまり身に付かず。。。
    理解力のなさにへこみます(笑)
    でもセンスのある動きのあるページを見るたびに
    なんか悔しい気持ちが湧き出てくるんですよね(笑)
    自分もやりたいみたいな!
    身近にAS使いがいなく心細く、ついコメントを書いてしまいました。
    挫折せずに読み進めていきたいです。。。

  2. minoさん どうもはじめまして。
    「ヘビの本」は読んでいると 
    自分がオブジェクト指向の他言語を知らないからか
    他のAS3本の話の隙間を埋めて
    スッキリさせてくれる説明が多いなと思いました。
    AS成分が薄いのですが
    よければこれからもこのブログをよろしくお願いします。

コメントは停止中です。