近況と興味201509

近況ですが
忙しいままなのですが 慣れたのか心理的には余裕が生まれている感じです。

最近のお気に入りの動画です。

Primitive Technology

石器や水汲み土器など 道具からフルスクラッチで作り住居を作る動画。
衣食はあって 家だけをつくる動画のようなので 死への切迫感は感じないけど
手間を考えると 動画で編集してもらえてありがたいなと思う動画。
リアルマインクラフト。

Homemade table saw

手持ちの道具をテーブルに組み込んで木工用の丸ノコテーブルをつくる動画。
アメリカのガレージ文化にあるであろう 丸ノコ、電動ドリルや廃材はすでにあって
作業用のワーキングテーブルから始まる自分の制作環境を手持ち道具でつくるところに 憧れてしまう。
これも道具環境フルスクラッチ系

【PC Review 041】SONY製VAIO終了記念? VAIO PCG-C1S 動画レビュー

やっと自分の営業範囲のパソコン系動画。
SONY VAIO C1は自分も発売時期に見ているんだけど
今になって気になる機種です。
主に今の機械ほど マシンパワー的にできることが少ないけれど それだけにひとつひとつの作業に没頭できるとか
外で電話線でインターネットするとか ネットスケープの頃にあった『ピクセルひとつひとつが際立った』感覚を
自分の中に呼び起こすのでは…と 言葉にまとめましたが どうでしょうか。
これが現役な頃はある種嫌っていたのですが 今振り返るとつい懐かしくなってしまう感覚。
レトロゲームに近いのかもしれません。

軽量ノートは今も欲しくなるのですが MBA11インチだとなんとなく違うのです。
この感覚は 考えをまとめるべくまたまとめたいです。

こういうテキストはfacebookでは わかってもらえないし 理解を求めるようにテキストを書くこともできないので
ブログに書き散らかしです。

Christmas Time Is Here

仕事スケジュールが炎上してる内に時期的にもうクリスマス。
海外ドラマの『Dr.HOUSE』の第二シーズンのクリスマス回のエンディングシーンに流れて覚えていた曲『Christmas Time Is Here』。ドラマのストーリー(心の病から詐病をしてしまうゲストが、主人公の医者に本当にかかった病を治してもらったが 人の目を集めるためまた詐病で病院に行ってしまう)と曲調から悲しい曲なのかなと思っていましたが。

結構な人数の集まるホームパーティで流れたのを聞いて また気になりだして調べたら 初出は『スヌーピー』と知ったので メモ。歌詞の和訳を読んだらクリスマスの楽しい日が一年中続いたらいいねって 明るい曲でした。
https://itunes.apple.com/jp/album/christmastime-is-here-vocal/id204104216?i=204104238

メモ:ネット環境がない山麓滞在

日頃は都内でMacBookPro Mid2014を持って歩いて
立ち寄り先の事務所のwifi、せいぜいwimaxやiPhoneでの4Gテザリングでの接続。

親戚の農作業手伝いで 3G環境のみ イーサネットなしの電話線のみの山麓環境に4日ほどいたので その時の禁断症状のことをメモ。

[環境]
現地は60歳台ガラケーユーザーが一番年下という典型的な農家のためパソコンやwifi環境はなし。導入の計画もなし。
山麓なので4Gは時間によって1メモリつかめるけれどほぼ、3G。
市街までは見通せて 山の影などの影響はない。
(ここで始まったプロジェクトがある程度の効果がでたらインフラ配備がすすむ予定)

[各アプリの使い方など]
Dropboxを一時停止して同期を停止。(滞在中はスタンドアローン状態)

Twitterは確認はできるけれど イメージ添付はきつい。普通の更新が重くて諦める。

facebookも普通の更新が重くて諦めてテキストのみ。イメージはきつい。
止まっていると勘違いして読み込み途中で再読み込みをしてしまうこと数回。

ブログ(wordpress)に書き込みはしなかった。

iPhoneで写真を撮るとiCloudでフォトストリームでサーバに上がるので、裏で帯域を使われるので、あとから同期を止めればよかった。

サイトブラウジングも ついいつもの通りタブを重ねて読み込み待ちをしてしまう。一つづつ表示されるのを待ちたい。今のサイトは3Gにきつかったり、タイムアウトされることが多い。

kindleに現地に来るまでに新刊を5冊買っていたのでそれで しばらくは余暇を潰せました。

日中、農作業の手伝い(自分は当日行われた作業では軽いものを担当)をして
夜半にローカルのみで行える作業を行いましたが 外部の人に作業報告をイメージ添付してメールするために
結局街中にパソコン持っていきました。車で20分程度。

帰宅後、立ち寄り先のwifiにつないで 
いない間に更新のあったPodcast10本をダウンロードしながら
砂漠が緑化されたようなイメージが頭をよぎりました。

99年ごろの写真

時間軸的には このブログを始める直前あたり。
モバイルスキャナを買った(買った話はまた別で)ので 発掘したプリントをあげてみる。

2014年11月03日01時33分44秒_006

2014年11月03日01時33分44秒_004

2014年11月03日01時33分44秒_009

2014年11月03日01時33分44秒_011

2014年11月03日01時33分44秒_012

2014年11月03日01時33分44秒_020

2014年11月03日01時33分44秒_021

2014年11月03日01時33分44秒_023

鏡に映った自分を撮るのってあったよね

私は「新しい職業」を馬鹿にしない自信がない

170726_01

今日のはてなブックマークに並んだ二つの記事。
コンシューマ/PCゲームのプレイ動画を毎日あげ続けて 広告収入を得る人と
ニコニコ生放送でゲーム実況をする娘を説得する親御さん。

親御さんは娘さんが心配なのは『ゲーム』をすることそのものは
何も金銭を得る経験が得られない事についてだ

ネットの情報強者であればあるほどYoutuberの『ヒカキン』を馬鹿にする立場を取りやすいし 私は最近まで馬鹿にしていた。
高橋名人は自分の世代のヒーローの一人だけど 当時それを理解してた親世代はどれだけいたか。

自分の職種である『ウェブデザイナー』は高校生のとき そもそもなかった。
BtoB勃興期 仕事の時間にウェブ制作をしていたら 上の世代に「なにを遊んでいるのだ 働け」と怒鳴られた人は何人いただろうか?

お金を得られる動きが 世間で認知されて『職業』になるには時間差がある。
考えを硬直させず できるだけ 新しい職業に寛大に。
それが自分の収入の間口を広げる考えにも繋がります。

21世紀のパトレイバー

03459ab0-s

こんなことも書きましたが
その後 パトレイバーは実写映画制作と発表されて
(この段階では期待はしない。ぬか喜びをしないのは 押井監督の実写映画を見てきたファンなら当然。面白かった試しがない…)
撮影用に等身大パトレイバーが2体作られたと知り、
facebookのタイムラインに少しずつ撮影現場の情報が流れてきた。

映画1本でなく その前に短編ドラマを積み上げる手法で
世界観を浸透されるらしく
愛憎半ばな感はあるのですが…

でも、中学生の頃から読んでいた一番好きな漫画が実写化して 21世紀の埋め立て地にデッキアップされた映像が見られたので
長生きはするもんだと思いました。

手間暇かけて作られる優雅な時間

職人が作るハンドメイドのtoolsを綺麗な映像で紹介しているムービーを見つけたのでメモ。
ノミや斧は都会に住む普通の個人では購入することはないでしょうが、
動画から漂う『信頼できる道具を作る』『手間暇かけて作られる優雅な時間』 というところが制作系男子の琴線を触れるかな。


The Birth Of A Tool. Part I. Axe Making (by John Neeman Tools)


The Birth Of A Tool. Part 2. Chisel Making (by John Neeman Tools)


The Birth Of A Tool. Part III. Damascus steel knife making (by John Neeman Tools)

もちろんこれは 道具メーカーの動画なので サイトから購入できるようです。(その分野では 有名なんでしょうね….)
http://www.neemantools.com/

ほぼ、人力、経験や勘で作られているシーンですが
焼き入れをするときだけ 温度を保つためなのか 電気炉がでてくるところが ちょっと面白い。

instagramのaccess_tokenがうまくとれない件

instagramの自身のアカウントの最新データを取得して表示させたいと思い
とりあえずはjqueryでと思い、ちょっと検索。

instagramのAPIを使って写真を取得する方法 : matsudam blog
http://matsudam.com/blog/entry/603/

Instagram APIから画像データを取得する | フローズンブラウニー
http://fr-br.com/web/2012/30.html

上記2つも同じソースを参考にしているのでほぼ作りは一緒。

instagram.com/developで登録し アプリ登録をし
https://instagram.com/oauth/authorize/?client_id=【CLIENT-ID】&redirect_uri=【REDIRECT-URI】&response_type=token
にそれぞれのid,redirect uriをペーストして access_tokenを取得。

これを最悪 参考2つのサイトにそのまま適応しても ウェブサイト、ローカルどちらでも表示されない…
(正確には最新1枚だけキャッシュはされているようだけれども 表示されない様子。)

ソース元の人のaccess_tokenでされているなら やはり動くのでaccess_tokenが実は正しくないか 何か認証的なところで切られているか 謎です