角川インターネット講座が15冊で2700円なので購入

雪が沖縄で降り、九州で積もる寒い昨日に知ったのですが
角川インターネット講座[kindke版]が15冊セットで2700円ということで 即購入しました。

インターネットを作った世代が生きている今、何を考えて、作ったのかが日本語で読める資料としてとても良い内容です。
書籍だと1冊3000円程度で15冊だと中々手が出ませんでしたが この機会にどうでしょうか。

15冊で 平均読み終わり時間は72時間ということで 今年はこれだけどもよいかもしれません…

【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> (角川学芸出版全集) [Kindle版]

自炊メモ 手持ちの資料本をとりこみました

iPadあり、ドキュメントスキャナなし、断裁機なしの場合

自分の場合、席を置いているコワーキングスペースにドキュメントスキャナがあったので借りられることがあり、
思い切って動物本を含むおおよそ段ボール2つ分の技術資料本をiPadに取り込みました。

1.断裁
kinko’sに持ち込み 1cm100円換算で5000円程度。
数冊程度なら店頭で待っている間にやってもらえるのですが この位だと次の日に回収ということになりました。

2.取り込み
暇をみて仕事の合間にスキャンですが つい詰め込みすぎてしまい紙づまりが多発。
技術本程度だと4回に分けるのですが途中で詰まると ページがダブったり、紙がよれたりして
後処理の3が大変。
3.確認
正しくスキャンできたか目視。自分はPDFにして読み込んだのでMacのプレビューで ひたすらチェック。
Adobe CSをインストールしているのでAcrobat Proを使って 確認できた分冊PDFを1冊にまとめる
4.目次をいれる
1冊にまとめてもただのpdfファイル群で検索性が低いので 人力で目次をいれました。
5.iTunesに入れる
自分はiTunesの『ブック』にいれて管理をすることにしました。

これでいつでも 確認ができる安心感につつまれもするけれど
読み込んだ紙の技術書をバラバラにするという 少し悪いことをしたかもという2つの感情が生まれました。
なんとも不思議な作業でした。

Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流

100110_02.png
11月末には読んでいたけど 今頃メモ。
Twitter使って2年の自分が読んでると 書いてあるエピソードは
だいたい伝え聞いたり 直接見たことなので 「あったよね」という程度の感想。
それでも、Twitterが黒字化したり、鳩山総理がTwiiterを始めたり、
最大野党の自民党の総裁は「私はつぶやかない」と言ったり、
 Twitterを巡る話は今はなお進行中。
テレビでの特集を見て始めた人は 
この本 過去どんなことがあったのかを知るにはちょうどいいと思います。
TBSラジオの月一深夜番組Lifeで著者の津田さんがフランクに話をしているポッドキャストもあるのであわせて聞いてみてください。
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

FREE <無料>からお金を生み出す新戦略

100110_01.png
読まなくてはと思っていた課題図書。正月休みに読了。
「無料に近く原料を使っている業界は お金の稼ぎ方が変化する」という話でした。
毎日無料で使えるウェブサービスを使っていて、ビジネスの種を考えている人は
具体的にビジネスモデルの違いを箇条書きしてくれる点も有用に思います。
プリンターメーカーは本体でなくインクで稼いでいるのは知っているし
(記憶違いでなければ メーカーの人は1枚4円換算していると聞いた)、
新聞は取っていないけれど新聞系ニュースサイトは無料で見ているが
(産経新聞の木曜のweb版だけはiPhoneAppでチェックもしている)
その本体無料/消費材有料のモデルが 「ジレット」だとは知りませんでした。
個人的には ウェブ方面に立っているので この流れは賛成ですが
フリーペーパーといったアトムな方にも携わっているので
収入的にプラスに回す方法も考えないと
(そしてこれは現状うまくまわってはいませんが)
今年から施行される「資金決済法」などで広く薄く収入を得る方法が加わると
また変わるのかもしれません。
本体のサイトもあるのでそちらもどうぞ。
http://www.freemium.jp/

「自由をつくる 自在に生きる」 森博嗣

(メモ)
森博嗣2冊目。彼がブログをやめてからは初めて買った本。
目次は

  1. 人生の目的は自由の獲得である
  2. 他社からの支配、社会からの支配
  3. 身近に忍び寄る支配
  4. 支配に対するレジスタンス
  5. やっかいなのは自分による支配

と 固い感じだけど文面はいつもの通り柔らかい。
内容は 
「自由は 外からの制約を受けず 
自分の思い込みすぎないニュートラルな位置にあること」
の重要性について。
岡本太郎の「今日の芸術」も近い感じかも。
 

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語

091014_01
タイトルにニコニコ動画を掲げているけれど 
ニコニコ動画のサービスが始まるまでのドワンゴの話。
89年頃にPC9801を使っていたのに大戦略やシムアースなどのパッケージゲームばかりで
ドワンゴのベースになったBio_100%を知らなかったし 
携帯はtu–ka,vodafone,auと使っていたので 
ドワンゴの躍進につながるi-modeでのコンテンツなど知らなかった。
着メロは使わない。
でも、現会長の川上さんが売っていた ガイドの丁寧なモデムを買っていたし、
ニコニコ動画はID150万番台程度の遅さで使い始めたけど 最近プレミア会員にもなったり。
おおむね、すでに名が出た会社の立ち上げについての書籍は 
読んでいる自分は苦労していてないのに 
ゴールできたみたいな妙な清々しさがあるけれど、
この本は 思ったより自分のネットやコンピュータでの体験が
ドワンゴの前風景にも作られていたことに気付かせてくれる。
そして ニコニコ動画以降の 方々のブログや動画で散見された知識のモザイクが繫がり、
その隙間を充填してくれるという またちょっと違った感覚が得られます。
30台のネット系な人は 読むといいと思います。
(多分ITmediaあたりの刷り込み効果で買っちゃいますよ)

ユーザサポートでめちゃくちゃ感謝された経験について話す – はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記
くそなモデムがバカ売れした理由についても話す – はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記

書籍【小さなお店、はじめました】の掲載リンクリスト

080129
某案件の資料として 昔買った「小さなお店、はじめました」を読んでいます。
実店舗と販売サイトの紹介とHowToを紹介している本で
装丁も綺麗にデザインされています。
でも、出版社のサイトには 
例によって掲載されたサイトのリンクなどは見当たらなかったのでリスト化しました。
(見つけられなかった… spoon.のときよりちゃんと探しました…)
見た目かわいい感じの書籍だけど 
出版社が意外にも翔泳社
IT系や資格系が多いなかで珍しい。リンクがないのも珍しい気がする。
【小さなお店、はじめました】で紹介されたお店のリンクリスト
BOWLS cafe
http://bowlscafe.com/
CORB
http://www.h6.dion.ne.jp/~pkoneko/
金魚カフェ
http://www.kingyo-cafe.com/
Daizawa Table
http://www.daizawa-table.com
CHEB CAFE
http://www.cheb.tv/office/
MARKTE
http://www.riddledesign.cc/
Tokiya(サイト見当たらず)
http://tokiya.org/
SOURCE
http://www.source-objects.com/
biotope
http://www.biotope.biz/
ブックギャラリー ポポタム
http://popotame.m78.com/shop/
AMULET
http:/www.mecha.co.jp/amulet/
MONO FACTORY
http://monofactory31.jugem.jp/
そのみつ
http://www.sonomitsu.com/
青空洋品店(見当たらず)
>http://www.100hm.com/
みつばちトート 8studio
http://www.mitsubachi-tote.com/8/
cafe vivement dimanche
http://cvdois.blog01.linkclub.jp/
無添加焼菓子 le risa
http://www.lerisa.jp/
3・4(sansea)(見当たらず)
http://www.coffee-sunsea.com
water
http://nonohanaya.exblog.jp/i4/
concrete craft
http://www.craftcraft.net/
nido
http://homepage3.nifty.com/nido/
ハイジ
http://heidi-home.com/
谷中ポッサ
http://www.yanakabossa.jp/
CHAKRA
http://moritohito.com/gardenshop01.html
竹村真奈/timemachinelabo
http://www.timemachinelabo.com/
出版されてから ちょっと経っているから 見当たらないサイトがいくつかありました…

世界一やさしい問題解決の授業を読んで ひとり脳内会議をしてみた

080119.jpg
フリーランスとして 方々でいろいろな案件に携わっていますが
制作一人なんてことが多く
時間があっても 曖昧模糊としたまま 打ち合わせなどに向かってしまったりが多い。
考えていることも ログを残さないと 
何もしていなかったことと同じなので
ノートに書き付けてみるけれど、 堂々巡りだったりと
うまい具合に整理されないので 困っていました。
そこで いい本見つけました。
世界一やさしい問題解決の授業
内容は

  1. 問題解決能力を身につけよう
  2. 問題も原因を見極め、打ち手を考える
  3. 目標を設定し、達成する方法を決める

見出しに「じゅん」を使ったり
鉛筆描きのキャラクターを数多く配置して 印象やわらかめな体裁で
中学生向けくらいに書かれた 将来仕事をするときに役にたつ といった感じの副読本。
ある事象の原因を「分解の木」と名付けたツリー構造で書いて
その原因を枝葉を伸ばすように書き連ねていく方法を説明。
ツリー構造で見つかった「課題」を
課題分析シート(課題/仮説/根拠/分析・作業/情報源)
で細かく書いて行く
と話が進んで行きます。
仕事が制作系だけど
事象の解析とそれを元にした判断はやったことがないので 
企画向けなどに 正直 タメになりました。
この手の本は 風呂で読んでしまうのでカバーを取っています。
カバーなし写真ですいません…

spoon. webとfashionリンク

080118.jpg
某案件のため ショッピングサイト研究。
久しぶりに おされ女子向け雑誌「spoon.」08/02号を見たら「webとfashion特集」なので購入。
ただ、ECサイトとブランドサイトの特集なのに
リンク一覧がspoonの本サイトにも見当たらなかったので リンクを書いてみた。
誰かの労力が減ればいいなぁ。
Maje
http://www.maje-paris.fr/
sandro
http://www.sandro-paris.com/
globalwork
http://www.globalwork-ec.jp/
jeanasis
http://www.jeanasis-ec.jp/
rageblue
http://www.rageblue-ec.jp/
heather
http://www.heather-ec.jp/
lowrysfarm
http://www.lowrysfarm-ec.jp/
hare
http://www.hare-ec.jp/
hmr
http://www.hmr.jp/
katie
http://www.katie.jp/
petit-bateau
http://www.petit-bateau.co.jp/
franchelippee
http://franchelippee.com/
ropepicnic
http://www.ropepicnic.com/
ba-sh (※音がでます)
http://www.ba-sh.com/
comptoirdescotonniers
http://www.comptoirdescotonniers.com/
polarnopyret
http://www.polarnopyret.se/
manoush
http://www.manoush.com/
edit for lulu
http://editforlulu.baycrews.co.jp/
mother
http://www.mothermother.com/
colkinikha
http://www.colkinikha.com/
archi(※トップページから移動すると音がでます)
http://www.archi.nu/
muchacha
http://www.muchacha.co.jp/
balcony
http://www.balcony.jp/
sallyscott
http://www.sallyscott.com/
mintdesign
http://www.mint-designs.com/
tinycrown
http://www.tinycrown.com/
zozo
http://zozo.jp/

(追記 080129)
ごめんなさい 本サイトにリンクリストがありました。
自分が気づかなかっただけでした… リストした手間が…
そうだよな spoon.のサイト 足立さんが気づかない訳ないだろうな。まだやってるのかなぁ
(面識ないんですが HTML辞典とかで勉強させてもらいました) 
http://www.spoon01.com/editors/preview.html

組織を強くする 技術の伝え方を読んだ

正月のテレビは 
今はどこにもないお茶の間向けて放送されているからか 
なんだかピンぼけな企画に感じらる 
見るに耐えないし、
いつもニコニコ動画ばかりもよくないので
(お正月でも削除人は働いているんだね。お疲れさまです) 
本を読んでみることにしました。
選んだのはこれ。
組織を強くする
技術の伝え方
畑村洋太郎
要点は

  1. まず体験させろ
  2. はじめに全体を見せろ
  3. やらせたことの結果を必ず確認しろ
  4. 一度に全部を伝える必要はない
  5. 個はそれぞれ違うことを認めろ

職業のそれとは真剣度が違うのですが
高校の時に吹奏楽部の活動を思い出しました。
自分のやっている楽器でない 
新入生に とりあえず楽器の音をださせる練習を言いつける機会がありました。
金管楽器は 楽器を鳴らせるためには
まず、マウスピースだけで鳴らせる練習をします。
入部したばかりのときは それも安定しては続けられないので
マウスピースなしで 口を横一文字にして唇の先だけ「プー」と振るわせる練習をします。
このときに ただ 「プー」としろとは言わずに
最初に楽器を吹いているのを見せて「コレが鳴るためには」 
マウスピースだけ鳴らしているのを見せて「コレができないとで」
さらにマウスピースを取って 唇だけ振るわせるのだけ見せて
「そうすると これができないといけないので まずコレをやりましょう」
と言った記憶がありました。
これは2までやったことですね。
この後 その楽器の3年が来たので 任せたのですが 
「すぐにできなくてもいいから」と話した気もするので4,5も結構行けていたかな…
17歳のときにこの辺り分かっているのに 自分が教わるものになると 素直に聞けないことが多くて
いかんことが 多かったです。学ぶときは謙虚に。

きちんと暗黙知を表出させないと、その大切な知識が断絶してしまう状況に多くの企業が追い込まれています。

一人グループで仕事をしていると自分の「個人知」=「共有知」になり蓄積が減っているけれど 
なにかは 増えている気はするので(知らない技術を得ようする心意気?) 
いい方向に持って行きたい。
新書を2時間足らずで読んでみましたが なかなか頭の体操になりました。