カテゴリー別アーカイブ: book

角川インターネット講座が15冊で2700円なので購入

雪が沖縄で降り、九州で積もる寒い昨日に知ったのですが
角川インターネット講座[kindke版]が15冊セットで2700円ということで 即購入しました。

インターネットを作った世代が生きている今、何を考えて、作ったのかが日本語で読める資料としてとても良い内容です。
書籍だと1冊3000円程度で15冊だと中々手が出ませんでしたが この機会にどうでしょうか。

15冊で 平均読み終わり時間は72時間ということで 今年はこれだけどもよいかもしれません…

【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> (角川学芸出版全集) [Kindle版]

自炊メモ 手持ちの資料本をとりこみました

iPadあり、ドキュメントスキャナなし、断裁機なしの場合

自分の場合、席を置いているコワーキングスペースにドキュメントスキャナがあったので借りられることがあり、
思い切って動物本を含むおおよそ段ボール2つ分の技術資料本をiPadに取り込みました。

1.断裁
kinko’sに持ち込み 1cm100円換算で5000円程度。
数冊程度なら店頭で待っている間にやってもらえるのですが この位だと次の日に回収ということになりました。

2.取り込み
暇をみて仕事の合間にスキャンですが つい詰め込みすぎてしまい紙づまりが多発。
技術本程度だと4回に分けるのですが途中で詰まると ページがダブったり、紙がよれたりして
後処理の3が大変。
3.確認
正しくスキャンできたか目視。自分はPDFにして読み込んだのでMacのプレビューで ひたすらチェック。
Adobe CSをインストールしているのでAcrobat Proを使って 確認できた分冊PDFを1冊にまとめる
4.目次をいれる
1冊にまとめてもただのpdfファイル群で検索性が低いので 人力で目次をいれました。
5.iTunesに入れる
自分はiTunesの『ブック』にいれて管理をすることにしました。

これでいつでも 確認ができる安心感につつまれもするけれど
読み込んだ紙の技術書をバラバラにするという 少し悪いことをしたかもという2つの感情が生まれました。
なんとも不思議な作業でした。

Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流

100110_02.png
11月末には読んでいたけど 今頃メモ。
Twitter使って2年の自分が読んでると 書いてあるエピソードは
だいたい伝え聞いたり 直接見たことなので 「あったよね」という程度の感想。
それでも、Twitterが黒字化したり、鳩山総理がTwiiterを始めたり、
最大野党の自民党の総裁は「私はつぶやかない」と言ったり、
 Twitterを巡る話は今はなお進行中。
テレビでの特集を見て始めた人は 
この本 過去どんなことがあったのかを知るにはちょうどいいと思います。
TBSラジオの月一深夜番組Lifeで著者の津田さんがフランクに話をしているポッドキャストもあるのであわせて聞いてみてください。
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

FREE <無料>からお金を生み出す新戦略

100110_01.png
読まなくてはと思っていた課題図書。正月休みに読了。
「無料に近く原料を使っている業界は お金の稼ぎ方が変化する」という話でした。
毎日無料で使えるウェブサービスを使っていて、ビジネスの種を考えている人は
具体的にビジネスモデルの違いを箇条書きしてくれる点も有用に思います。
プリンターメーカーは本体でなくインクで稼いでいるのは知っているし
(記憶違いでなければ メーカーの人は1枚4円換算していると聞いた)、
新聞は取っていないけれど新聞系ニュースサイトは無料で見ているが
(産経新聞の木曜のweb版だけはiPhoneAppでチェックもしている)
その本体無料/消費材有料のモデルが 「ジレット」だとは知りませんでした。
個人的には ウェブ方面に立っているので この流れは賛成ですが
フリーペーパーといったアトムな方にも携わっているので
収入的にプラスに回す方法も考えないと
(そしてこれは現状うまくまわってはいませんが)
今年から施行される「資金決済法」などで広く薄く収入を得る方法が加わると
また変わるのかもしれません。
本体のサイトもあるのでそちらもどうぞ。
http://www.freemium.jp/