iPadでディレクトリー図のドラフト版をkeynoteで描くと楽

以前は動画を見るくらいにしか使っていなかった 今ではちょっと重いiPad(Retina)を
仕事利用すると便利なことに気づいてよく持ち歩いてます。

(今更感もあるのですが)
今日気づいたのは
打ち合わせで頭に思いついたディレクトリー図をkeynoteでドラフトレベルで起こして
mac上でillustratorで清書したら 便利かつ時間短縮になるかも…
と思い AppStoreで買ってから試してみたら…

ビジネスプレゼンもほとんどないこともあって
keynote自体使い慣れてませんでしたが
とても便利でした!

手順としては
iPadでkeynote

書き出しをPDFで保存先をDropbox

MacでDropboxフォルダから illustratorで開く

illustratorで開いた後 編集するには クリッピングマスクを解除が必要ですが
テキストもあとから編集できる。
iPad上で 短い線の位置を編集する際は どうしても自分の指で隠れてしまい まごつくこともありますが
ドラフトレベルなら 十分でしょう。

海外には行かないけれどSIMフリーiPhoneを発売に興味はあり

割と唐突に発表があった模様。
方々のブックマークを集めたらこんな感じに見えてきた。
自分自身、渡航経験がないので 今ひとつありがたみを感じませんが
久しぶりに アップルが慣習を破ってきたお話だ ということで興味あり。

単純に音声通話が必要な場面が 最近だんだん減り wifi経由のもので事足りるかもしれませんが
自分の通信環境をそのまま海外に適用できるのは 楽だろうなあと予想

アップル、国内でもSIMフリーiPhoneを発売–アップルストアで購入可能に – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/service/35040355/

SIMフリーiPhone5sと5cについてキャリア各社に聞いてみた(追記)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/186/186217/

SIMフリーiPhoneの正直なところの使い道 | More Access! More Fun!
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=9883