CUIでコピーしたら簡単だった話

アイキャッチは作業後バックアップを消した状態のメディア なんとか10%空きました。

制作環境として 今まで「制作ファイルはメディアで分けない」「いつも1台の機械で管理する」が心情で
BTOでSSDだけ1Tにしていましたが、いよいよ30G程度で空容量が足りない。

Podcastなども捨ててみたけど数G程度なので焼け石に水。
ここは心情を曲げて 一時的に別Macに過去の制作のアーカイブファイルを逃すことにしました。
(TimeCapsuleでなくMacに動かしたのは Timemachineでさらにバックアップがとれるため)

アーカイブファイルは77G。
ドラッグ&ドロップでフォルダごとコピーしても 時間がかかりすぎるして 中止。

サーバをあまり触らないウェブデザイナーなので まだ趣味レベルですが
ブログ的にはここ数エントリで書いているコマンドについて 慣れている段階ですが
raspberypiで使っていたsshでのコピー 「scp」を使ってみました。

scp -r [ディレクリ名] [送り先ユーザー名]@[ipアドレス]

コピー元はディレクトリなので -r
送り先はmbp ipを入れて あとはパスワードを入力

先に書いていた通り 77Gあったファイルは3時間かからずにコピー完了。
GUIの時は2日かかる見込みで かつエラーがでて一度にできなかったので 大成功。
ファイルサイズが若干違ったのは1度のコピーで移したのでブロックサイズが違うだけらしい。
ls -sでファイル数を確認して問題なかったので 作業完了。

今までコンピュータを使って楽をしたという感覚は
初めてphotoshopのアクションを使って 自動でファイルを作り直した時以来でした(笑)

macで不可視ファイルをみる方法

たまにつかうので備忘録

不可視ファイルを表示する設定
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
finderを再起動
killall Finder

見えるようになった不可視ファイル設定を元に戻す
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
finderを再起動
killall Finder

apple battery chargerのオレンジ点滅を直す

ずっと気になっていて 「使えなくなったのかな」と 
数本ある単三電池からオレンジ点灯する組み合わせを作ってましたが
電極をライターオイルで 電池側、充電器側の両方を よく磨いたら復活しました。
これが発表されたのはまだjobsが生きていたころだったかな.. すぐに買ったからもうだいぶ経っているのですね。

気になる方は是非、やってみてください。

ssdのコピー反映が遅い

状況が深刻なのかわからないのでメモ

OSXでデスクトップにファイルコピーをした場合 コピー自体が遅い、もしくはコピーが終わっても
対象ファイルのアイコンが表示されないことがある。

→対策
SSDのアライメントをなおす?
http://d.hatena.ne.jp/consbiol/20120422/1335086418

ディスクを空にする必要があるので
一時的に移すディスクを用意する必要がある…

iTunes12でケーブル接続したiPhoneが認識されない場合の対処

ずばりな解消法は現状ないようです。

#状況
OSX10.10.5
iTunes12.3
でiPhoneをケーブル接続した場合にデバイス認識されない場合

#解決方法
対処療法として
iTunesを一度終了させてから iPhoneをケーブル接続して 改めてiTunesを起動させると認識されます。

自分の場合、この条件に さらにiTunesが正常に終了しない という状況にもなったので
インターネットから再度OSXを入れ直す(command+option+R)を半日かけてしてみたのですが 
改善せず、毎回強制終了しています。wifi同期にはなっている模様。

[失敗]FilemakerとMySQLを接続

wordpress案件やEC案件がますます増えて、最近思うのは
要はデータベースに対してどうデータを入出力するか したデータをどう表示するかということ。

テストサーバやlocalhostのデータベースの入出力に対して
インターフェイスが(webより)作りやすいfilemakerが 実は接続できると知ったので 
これを使えば コンピュータ自体に不慣れなユーザーさんに敷居を下げられるのではないかと思って ちょっと試してみましたがうまくできません。

やり方については こちらのサイトが大変詳しいです。
http://guppylab.sakura.ne.jp/wp/?p=449

うちの環境では
データベースの接続プロトコルらしいODBCの設定をする『ODBC Manager』でのドライバ表示がされないので 先に進めませんでした。
150302_01

これができると EC-CUBE案件などで 商品件数が多いものをまとめて管理できたり、既存データの違う形での利用ができると思いますので
仕事の合間にさらに要調査。

プリンタとスキャナの『追加』ウィンドウで追加できない件

MacOSX10.10で「プリンタとスキャナ」で新規追加ができない状況になりました。
150219_01
こんな感じ

150219_02
これが正常な状態

軽く調べたけれども 「システム環境設定」から「プリンタとスキャナ」に遷移しないなどのエラー それに対しての対応方法はでますが 
うちの状況には あてはまらず。

経過観察。

(追記)ブログを書いて3分後

勘違いでした。できました。
「ツールバーを隠す」が選択ができました(笑)
こんなところまで 同じルールで動くので MacOSXよくできています。

iOSとMacOSXの音声入出力がよい

新しいMacBookProにしてOSもかわり
iPhoneもiOS8になったあたりで

制作管理ソフトもslackに使い始めた。
IT系でグループ制作進行するのに便利な機能がついたグループチャットソフトである。
自分の場合は 
これを文字通りチャットを ヘッドフォンについているマイクで口頭で入力している。

これが便利なのだ。

一回やってみてほしい。
iOS6のころから入力機能はあったけれど そのころはレベルが違う。
メールやiChatの返信など 口語で話せる相手ならば ほぼ問題ない返信ができる。

音声出力も
ライター系の人のブログエントリをまとめて文字選択し 『スピーチ』をさせると
仕事の手が止まらずに いや 視線を持って行かれず とても便利。

この音声入出力 機能自体はだいぶ前からあるものだが
ここ数日使っていて 21世紀のコンピュータを使っているなあと しみじみ思うのである。