カスタムヘルパークラスのStageDetector

詳説ActionScript3.0のサンプル22-15 
(その前にも用いられたところもあったけど)
で使われてたカスタムヘルパークラス StageDetectorは
GoogleCodeにあります。
http://code.google.com/p/codedrunks-purepractice/source/browse/trunk/classLib/trunk/src/StageDetector.as?r=86
この本まで読んでいる人は
GoogleCodeにあるとわかる人ばかりだろうけど
恥ずかしながら 自分は2日くらいわからなかったし 
日本語では「本の内容検索」しか出なかったので 日本語でメモ
…日本語の詳説ActionScript3の出版を2年弱待っていたり
英文ページを読む前から怖がっていたりもしていられない
日本語圏の知識の縁まできてたらいいなあ。

AdobeMAX2009

前回に続き今回も参加します。
ほぼFlashのコマだけ取りました。
前の時よりはいろいろと理解が
すすんでいると思うのですが これいかに。
29日
D-1
ウェブとタイポグラフィ
→今月のWebDesigningは立ち読みしただけでした
C-2
Adobe made some noise
→講師健康上の理由から来日せずと昨日メールが来た。
どうなるんだろ。
音系は去年の某カンファイレンスから
気になっているのでできるだけ 
代わりでも音に ちなんだのにしてほしい
E-3
エンタテインメントデザイン最前線
→うーん
B-4
AdobeAIR上でのエンタープライズアプリケーション
→なんでこれとったんだろ…関係ないやん自分
30日
A-5
映像とプログラミング
→すいません ミーハーなんで。なんとか席取れました。
A-6
アイデアの実装 コントロールと最適化
→すごい実装を見せられて
口を開けてポカンとして終わる気が。
D-7
コンテンツ制作の決め手 Progressionが可能にするFlashの未来
→おととい クラスベースのサンプルデータを
通して触った程度でも見て大丈夫だろうか…
D-8
Spark Projectライトニングトークセッション
→Saqooshaさんのチラ見せ
すでにおなかいっぱいな件
2日目は
NHKや専門誌やTwitterでよく見る方を眺める
ミーハーな日程になっています。
追記
C-2の話
『代替講師については事前に皆様へご案内させていただくべく調整しておりましたが、
時間を要しており開催当日に決定となることとなりました。』とさっきAdobeからメールがあった。
(音系であってもなくても)数百人のオーディエンスを納得させられて なおかつ
明日のステージに間に合わせられる人がいるのだろうか?

MobileMe OTA(Over The Air)の解除

覚え書き
Appleがスムーズな移行に失敗した .Mac→MobileMe。
そのお詫びにと3ヶ月の期間延長があったが 
それが切れたのは去年12月。
iChatは使っているけれど 
他のサービスは 必要性を感じず
更新パッケージを買わないでいた。
(買わなくてもiChatは使える)
そんな中 期間延長中に 
OTA(Over The Air)を試していたけれど
いつも自分のMacの前にいるので あまり必要を感じなかった。
(ずっと外出している人には きっといいサービスだと思う。)
興味を失って忘れていたら 
OTAを設定したままにしてたら、 
MobileMeのアカウント期限をすぎると 
safariのBookMarkやiCalなどがMac本体と接続していても 
同期されないことに気づいた。
解除するのに2日くらい もやもやしてしまった。
気づいたら 普通のことなんだけど
最初にiPhoneの方から設定を触らないと解除できない…
解除方法は
iPhoneの設定/メール連絡先カレンダー から
.macもしくは.meのメールアドレスを選択
メール,連絡先,カレンダー,ブックマーク
のスライドをオフにする
090127_01
そののち iTunes/デバイス(自分のiPhone)/情報で
アドレスデータ,カレンダー,ブックマークの同期の
チェックボックスが外れているのでチェック。
一度iPhone内のブックマークなどが消えるけれど Mac本体に接続されれば同期される。

Barack Obama Inauguration & UstreamViewer

090120_01
オバマ大統領の就任演説をustreamで見ました。
自分が見ていたのは画面にAPとあるからAP通信?
他にもCNN,FOXから聞いた事ないところまで就任演説をstreaming。
ブラウザで見ていると iPhone用のustViewerのバナーに気づいて 
無料ということもありダウンロードしたら 
ブラウザでのstreamingから数秒遅れが出てましたが 
そちらでは最大11万人が見ていました。
appのリリース日が09/01/06なことを考えると 
このイベントを通じて使われることを使われることを想定していたんでしょう。
演説に集まった多くの観衆にも驚いたのですが 
その事よりも 恥ずかしながら ウェブ制作の人としては 
iPhoneでライブ映像が見られることを知らず 
また 多くの人が見ても配信されることに かなり驚きました。
次に驚くとしたらiPhoneから配信かな…

asでの計算精度

詳説AS3.0 P216のあたり
多次元配列の説明の例を実際にやってみた

var row1:Array = [6, 2.99];
var row2:Array = [4, 9.99];
var row3:Array = [1, 59.99];
var spreadsheet:Array = [row1, row2, row3];
var total:Number;
for(var i:int = 0; i < spreadsheet.length; i++){
total += spreadsheet[i][0]*spreadsheet[i][1];
}
trace("total:" + total);

としたら

total:NaN

…?
原因切り分けのため 個別に計算して全部足してみた。

var total1:Number;
var total2:Number;
var total3:Number;
total1 = spreadsheet[0][0] * spreadsheet[0][1];
total2 = spreadsheet[1][0] * spreadsheet[1][1];
total3 = spreadsheet[2][0] * spreadsheet[2][1];
total = total1 + total2 + total3;

としたら

total:117.89000000000001
total1:17.94
total2:39.96
total3:39.96

なのに 全部足すと

117.89000000000001

…?
どこか間違っているのだろうか?元々精度がこんなものなのか?

普通のfunctionをClassに書き換える

意味が分かって書いているようになりました。
具体的に言うと
ビジュアルリファレンスブック3.0の例題 functionを classとして書けるようになった。
今月の2日に すべてに合点がいった。
3.0アニメーションや 3.0入門ノートを写経のように入力したり
入門ノートは 本当に写経した。ノート6冊になった。
ActionScript3.0が初めてというか Programingの再入門しかもオブジェクト指向は初めて。
今までいきなりclassで書くとかできず、
必要なimportも分からず 
けれどもimport flash.display.*;のように書くのも
ちょっと嫌だなと変なプライドが高かった。
プログラミングができる人とできない人
http://fragments.g.hatena.ne.jp/fukken/20081203/1228329796

1から10まで全部書けばいい(というか書くしかない)事に気づかないタイプと、自分の知識が信じられず「こんな初心者っぽい方法じゃなくて、何かもっといい方法があるはずだ」と足を止めてしまうタイプ

これであった(笑)
何が必要なのか 分かった。
英語でいうと 辞書さえあれば 
アメリカの街なかに置いてかれても大丈夫な感じの自信がでた。
過去のプログラム苦手な意識を上書きするのは 大変だろうなと思うのに

継承を実際に書いてみた

090107_01
このブログ みんなに見せる目的より 
未来の自分へのメモ書きの要素が強いエントリーが多い。
これも その類い。
昨日 『プロフェッショナル』を見ながら
ビジュアルリファレンスから書き写つしていた クラスの継承図。
ほぼつかったことのないクラスで 参照の多い少ないが わからずに
行き当たりばったりで 足りなくなったら 切り貼りしては
紙を足していったら こんなふうに…
ひどい。これはひどい。
ちょっと前に 
『東大合格生のノートはかならず美しい』という本について書く
ブログエントリーをいくつか目にする機会があった。
自分自身は 『東大…』は立ち読み程度で一度見たけれど、 
結局 きれいな図として関係をイメージしていないと 
ノートに書き記すこともできないよね という理解をしました。
そして 今回のメモは 
理解がすすんでいないものは図に書けない説の立証に 有効でした…
今年 後半に もう一度 書いてみます。
(追記)
後日 継承を紙に書く事は ヘビの本で推奨されているのに気づいた。

HAPPY NEW YEAR ’09

090101_02
http://09.aid-dcc.com/
さすがです。
本来は 作られたグループの年賀状の相手が楽しめるコンテンツでしょうが
年賀状は 当然来なくて 
(そんな人向けの)サンプルのマーカーもプリンタがないため印刷できないので
キャプチャしてiPhoneに転送してためしてみました。
090101_03
デモムービーも 楽しいですけど 自分で撮ってみたり。
iPhoneに穴が空いたよ いろいろ飛び出しているよ(笑)
正月に見ようと決めていた「電脳コイル」も見たりもしたため ARな元日。
関連エントリー
ARToolKitがFlashで動く